平塚K邸:スラブ配筋

Home / Journal / 平塚K邸:スラブ配筋

デッキが敷かれ、配筋が為されたので現場へ。
特にトライアルな部分も無い、堅実な設計。
それだけに細かい所で色々といわゆる「地味にいい仕事」を散りばめるチャンスだったのかな、と今更思うなど。
階段はちょっともったいなかったかな。
鉄骨の階段って木やコンクリートに比べてちょっと存在感が大きいような気がしてしまう。
明日には中間検査。
数点の指摘を行なって終了。

Comments(0)

Leave a Comment